水素水のスティックを通販で探しているならおススメはコレ

水素水スティックがあると、いつでも自宅で気軽に水道水から水素水を作ることができます。
約半年間使うことができ、水素水ボトルタイプよりも経済的です。

 

さらに、水素水を保管するには場所が必要となり、運ぶのも重くて大変です。
しかも、水素は抜けやすいため、保管が難しいというのが難点です。
そのため、ボトルタイプの水素水だと専用ペットボトルや容器が高額となります。

 

水素水スティックがあれば、飲みたいときに飲む量だけ作ることができます。
また、出来たてを飲むことができるので、大変おすすめです。

 

ボトルタイプの水素水の欠点

 

水素水というのはペットボトルアルミパウチに入って売られていますが、時間がたつと、水素がほとんど抜けてしまいます。
なぜなら、水素が宇宙の中で一番小さい分子のため、抜けてしまいやすいからです。

 

また、水素水は一度開けてしまうと、全て飲み干さなければいけません。
水素が抜けやすいからです。
その点水素スティックは水素がとても豊富で、いつでも出来たての水を飲むことができます。
いつでもどこでも、水道水から飲みたい分だけ飲むことができます。

 

近年増加している「活性酸素」

 

電磁波、食品添加物、大気汚染、残留農薬、排気ガス、酸化した油、紫外線や放射線などによって、細胞内に活性酸素が発生します。
ライフスタイルが多様化されていることによって、近年活性酸素が発生する機会も増え、生活習慣病の方も増加しています。

 

活性酸素はガンや老化の原因に

 

活性酸素は細胞に損傷を与えます。
ですが私たちの体内には、通常、活性酸素を無害な水に変えてくれる酵素、「抗酸化酵素」が体内にあります。
ところが、全ての活性酸素が「抗酸化酵素」によって水に変えれる訳ではありません。

 

抗酸化酵素では分解しきれない活性酸素もあるからです。
この余ってしまった活性酸素が老化、シミ・シワ、ガンや脳血栓、生活習慣病、動脈硬化、心臓病などといったさまざまな病気の原因になるのです。

 

そのため、近年は水素が注目を浴びています。
水素水とは、水素が豊富に含まれた水のことです。