水素水の容器を通販で探しているならおススメはコレ!水素水容器ランキング

 

水素水の容器を通販などで購入して、水素水を入れて持ち運び、いつでも飲めるたらいいなと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、水素水を持ち運ぶ方法をご紹介します。

 

水素水を持ち運ぶ3つの方法

 

水素水を持ち運ぶ方法と、それぞれのメリットデメリットをご紹介します。

 

  1. 専用の水素水容器・アルミボトルを買って持ち運ぶ
  2. パッケージされた水素水を買って持ち歩く
  3. 小型/携帯水素水サーバーを購入して持ち運ぶ

 

でも、こんなことを思いませんか?

 

「タンブラーや水筒で持ち歩きたい」

 

タンブラーや水筒で持ち歩くことはあまりおススメできません。
なぜなら、水素とというものは、宇宙で最も小さい物質だからです。
つまり、宇宙一小さいということは、宇宙一タンブラーや水筒から逃げやすい物質といっても過言ではありません。

 

タンブラーや水筒で持ち歩くことがNGの理由

 

  • タンブラーや水筒は気密性が低い
  • タンブラーや水筒では水素が逃げてしまう

 

理由は簡単です。

 

では何なら水素を閉じ込めて持ち歩くことができるのかというと、「アルミ製の容器」となります。
水筒もアルミ製の容器だと思うかもしれませんが、水筒は口の部分が大きく、気密性を厳密に確保する用には作られていません。。

 

それでは、水素水の持ち歩く方法を確認していきましょう。

 

水素水アルミボトル・パウチで持ち運ぶ

 

家庭やフィットネスジムなどで作られた水素水水素水サーバーなど)を、アルミボトルやパウチに入れて持ち歩く方法です。
水素水を入れるためのボトルなども販売されているので、手軽に購入することが可能です。

 

メリット:

 

  • 水素水サーバーがあればボトルなどを購入するだけなので便利

 

デメリット:

 

  • 本当に密封できているのか確認できない

家庭に水素水を作るサーバーや機械などがあったり、もしくはジムなどの水素水プランを契約していなければ、持ち歩くことができません。

 

とはいえ近年は、水素水を保存するためのアルミバッグH2BAGという商品も販売されています。
それならタンブラーや水筒で持ち運ぶよりも効率的です。

 

水素水専用の持ち運び用バッグ:H2BAG

 

  • アルミ製なので気密性に長けている
  • 容器内を完全な真空にすることが可能

 

パッケージされた水素水を持ち歩く

 

購入した水素水をそのまま持ち歩くという方法です。
アルミパウチ水素水は、各メーカーが水素を逃がさないようにありとあらゆる手段で工夫を凝らしたパッケージが採用されています。

 

水素水専用のパッケージを開発したり、特許を取得しているものなど様々ですが、基本的には「ありえないくらい水素が逃げにくい」パッケージが使われていると考えてよいでしょう。

 

それでは、アルミパウチ水素水をそのまま持ち歩く、メリット・デメリットをご紹介します。

 

メリット:

 

  • 水素水買うだけで良いので準備が不要

準備が入らないのがメリットですね。

 

デメリット:

 

  • 水素水の保温効果が不可能
  • おしゃれではない

タンブラーや水筒のように冷たさを保ったり温かさを保つことができません。
クーラーボックスなどに入れればできますが、基本的には保温効果はありません。
また、そのままのパッケージだとあまりオシャレではありません。

 

注意:

 

ペットボトルとアルミ缶の水素水

 

基本的には水素を逃がさないようにパッケージされているのですが、中には低品質な商品もあります。
ペットボトルに水素を閉じ込めてはおけない、というのが現状です。

 

アルミ缶もあまり気密性が高くはありません(一部異なる見解あり)。
これらは、週刊文春の記事でも一時期話題になりました。

 

小型水素水サーバーを購入して持ち歩く

 

小型タイプや携帯タイプの水素水サーバー(生成器)を持ち運ぶというのも一つの方法です。
現在生成器タイプの商品や充電式でどこでも水素水を作ることができるサーバーが販売されています。

 

例えば、DAIGOさんや浜崎あゆみさんが使っていることで有名な「水素水ボトル ポケット」があります。
その他にもたくさんの芸能人が愛用しています。

 

では、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

メリット:

 

  • 好きな時にいつでも水素水を作ることができる
  • 充電式なので場所はどこでもOK

 

デメリット:

 

  • 水素水の濃度が少し低い
  • 最大濃度にするのに約40分もかかってしまう
  • ポケットはとても有名な商品ですが、近年の水素水ブームにより、携帯型で持ち運べる水素水生成器がたくさん登場しました。
  • そのため、ポケットに拘らず、自分に合った商品を選ぶことができます。

 

水素水の製品というのは、機械によって真空状態を作り出し、しっかりとふたが閉められておりますが、自分で水素水をパウチ缶やアルミボトルに入れる場合、どうしても真空状態にしておくことが難しいでしょう。
そのため、長時間持ち歩くことはやめた方が良いと思います。

水素水の容器の通販関連ページ

水素水ルルドの通販
水素水生成器のルルドを通販で探している方のために、最もルルドをお得に購入できるおススメのショップをご紹介します。