水素水ルルドをお得に購入できる通販サイトはこちら!

 

「高濃度水素水生成器ルルド」は水道水からわずか30分足らずで高濃度水素水を生成することができます。
しかも高濃度な水素水が長時間続くので外出先でも飲むことができます。
キッチンに置いておいても邪魔にならないオシャレでコンパクトなデザインです。

 

家庭の水道水を使える

 

ルルドは水素水生成部分と飲用ポットが別々になっているため、水道水を使用が可能になり、手軽に水素水を楽しむことができます。

 

わずか30分で高濃度な水素水が完成

 

運転時間による溶存水素濃度値が30分:0.8~1.2ppm(メーカー調べ)
数値は水質、水温、保管条件等の環境によって異なります。
溶存水素量 ppm(parts per million)とは、水中に水素がどのくらいの割合で含まれているかが示される値のこと。
1ppmは1Lあたり1mg水素が入っているということで、水素が水に対する飽和状態は1.6ppmなので、1Lあたり1.6mgの水素量が最大値ということになります。

 

高濃度が長い時間続くから外出先でも高濃度な水素水を飲むことができる

 

【経過時間による溶存水素変化率】
12時間後:約75~85%、24時間後:約60~65%

(数値は水質、水温、保管条件等の環境によって異なります)
試験条件:水温11度~25度、室温25度、測定方法:冷蔵庫内で冷却状態の水(1L)を使用し、当該品を30分使用し、その後市販のペットボトルに移し替え、室内保管で12時間後、24時間後の水素濃度を測定(メーカー調べ)。

 

ランニングコストが1リットル当たりなんと27円

 

3人家族で、購入後5年間毎日3.6L使用した場合(水道水使用)のランニングコストは、1Lあたり約27円(メーカー調べ・金額は税込)となります。

 

簡単な操作でクリーニングの機能付き

 

運転スイッチを軽くタッチしたあと希望の運転時間にセットしたら青いランプが点灯。
運転時間はタッチをするだけで10分→20分→30分→10分と変わります。
セットされた時間の運転が終わると、デジタル音と同時に水素水の生成が終わり、飲むことができます。
クリーニングは、運転スイッチを3秒以上軽くタッチし、タッチパネルの「CLEANING」の表示が点滅します。
そうすると自動で、15分間クリーニングしてくれます。

 

水素水ルルドの通販関連ページ

水素水の容器の通販
水素水の容器を通販で探している方のために、おススメの水素水容器をご紹介します。また、タンブラーや水筒で持ち歩くことのデメリットも解説しています。